携帯電話用アクセサリー

      2016/12/04

egao-094最初は携帯ストラップは携帯を結び付けて落下防止を目的としていたものでしたが、今ではアクセサリーとして商品化されていると言って良いと思います。
日本の携帯電話市場は競争が激しく、価格や顧客獲得、新機種販売とずっと打ち出しています。
携帯電話が売り払えるとともに目新しい携帯ストラップを買おうとする人も数多く、売れ行きも順調の様です。
携帯ストラップも昔はたいして種類が無かった様に感じますが、今では形も種類もたくさん有りすぎて、選ぶのに一苦労するほどです。
一般的に携帯ストラップと言うと、携帯電話に結び付ける為の紐、手首等に通す為の紐という2段構成のものが主流です。
この手首等に通す為の紐が材料や形を変えたり、キャラクター等が付いたりしているのです。
材料も布や革、ビーズ等なんだかんだ有ります。
これがアクセサリーとしての要素を充分に引き出していると言えます。
また、最初は携帯電話の付属品として販売されていた携帯ストラップですが、アクセサリー感覚で扱う様になると、ブランドのアクセサリーとして、コンサートでのグッズとして注目されて生まれる様にもなってきました。
逆に限定ものとしてプレミア感を醸し出し、人気を煽っているのも有ります。
携帯ストラップのメリットとしては手軽な値段なのでアクセサリー感覚で何個も持つ事が見込める事、軽くて酷いのでお土産としても使える事等が挙げられます。
もはやアクセサリーとしての位置付けになっている携帯ストラップ。
多々取り去り
替えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

携帯ストラップの将来

扱う目的にもよると思いますが、携帯ストラップのタイプとしては首にかけて取り扱うネックストラップ、手首にかけて扱うショートストラップが有ります。
よく男性が首からストラップをぶら下げて携帯を付けている姿を探る事が有りますよね。
それでも一般的に多くの人が付けているのはショートストラップのタイプではないでしょうか。
日本の携帯電話には携帯ストラップを揃える為の可愛い穴が開けて有ります。
そこに紐を通して並べるのです。
本来、携帯を落とさない為に擦り込みられた携帯ストラップですが、携帯が普及し始めた1990年代後半には女子高生を中心にしてアクセサリー感覚で流行りだしたそうです。
たくさんの携帯ストラップやぬいぐるみなんかを付けて、携帯電話を携帯しているのか、ストラップを携帯しているのか思い付か位になっていた様な感じがします。
かなり携帯電話とストラップで重かったんじゃないかと思うのです。
大人からはかさばって邪魔じゃないかと感じた人もいたと思いますが、意外にもカバンの中から見付け易く利便性もよかった様です。
こう考えてみると、本来の携帯ストラップの用途も踏まえつつ、アクセサリーとしての意識の方が高まってきたのではないかと思うのです。
携帯電話もすでに自分一台ではなく、自分一台以上と普及率も高まってきていて、日常生活において必要となってきています。
携帯ストラップは元祖携帯アクセサリーとして普及してきて、それ以外にもたくさんありますが、今後将来的にどんな変化を遂げていくのか楽しみです。

携帯ストラップが普及した理由

今は多くの人が当たり前の様に付けている携帯ストラップですが、日本で普及するきっかけとなったのはPL法(1995年施工)だという説も有ります。
このたまに携帯電話を販売していた会社ではテキストの中に、携帯電話の落下防止の為に携帯ストラップを取り付け、手を通して使いましょうという指導を通していた様です。
そうしてわざと買わなくても喜ばしい様に携帯ストラップを携帯電話の付属品として販売していました。
これが最初に携帯ストラップが普及した理由だと言われているのです。
ここから携帯ストラップの在り方が変わって来まして、ご存知の方も多いと思いますが、2000年前後には女子高生を中心にういういしい女性達の間でたくさんの携帯ストラップを貼るのが大流行し、携帯電話と言うよりは携帯ストラップを持ち歩いているというのが規則正しいのではないかという位になってきました。
こうなると本来の落下防止という目的はどこかに消え、単純にアクセサリーとして扱われる様になったのです。
現在に至っては手を通す輪になっている紐じゃなく、ただの紐やマスコ
ットしか欠けるストラップも出てきています。
単純に良いから、自分が持ち歩いている携帯電話をストラップでデコレーションしたいからという理由、アクセサリー感覚で普及したのが第二弾の普及理由ではないでしょうか。
今は色んな所で手軽な値段で購入出来ますので、気分に合わせて付け替えて楽しむという方法も有ります。
普及理由は変わってきましたが、携帯電話に携帯ストラップという基本的組み合わせはだいたい今後もなる事は無いのかもしれませんね。

私の体験した中で最も良かったプロバイダ・キャンペーンランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 So-netは月額料金がほぼ底値で、キャッシュバック金額もトップクラス、サポート体制も超優秀な、まさに三拍子そろった唯一のプロバイダー安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合は他のプロバイダを圧倒しています。それもこれもソニーのプロバイダであるSo-netだからできることです。私が利用した中で一番安心して利用できたWiMAXでした。特にこだわりの条件などなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」珍しいプロバイダ。また、「キャッシュバックを必ず受け取れる」ことでも有名。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っているので、サービスも老舗の安心感があります。私が契約した時に一番良かったと思ったのが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いことでした。プランの変更やオプション申し込みなどがスムーズに行なえます。この点では他のプロバイダに比べて断トツに良かったです。クレジットカードで支払いたくない人やキャッシュバック受け取りに不安のある方にはオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全体で2位の28,500円、月々の料金も最安ランクでとてもお得なプロバイダです。安心サポートオプションは2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値ありなプロバイダです。ただクレードル無料キャンペーンなどが無いのが惜しいところです。DTIの大きな特徴は「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるところです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダです。

 - 携帯ストラップ , , , ,