固定制のIP について

   


もしもIPサーチをする場合、IPアドレスやドメインが取得出来ますよね。
IPアドレスの場合は固定制のIPと、ダイヤルアップまま割りあてられる変動制のIPアドレスが有ります。
それによりIPサーチの使い勝手が変わってしまう。
なのでここでは固定制のIPアドレスについて説明してみたいと思います。
IPアドレスを用いIPサーチを行った場合、そこから分かりうる情報は固定制も変動制も変わりは無い様です。
しかし固定制と変動制で何が変わるかと言うと、固定制の場合にはIPアドレスは変わらずなのですから、ある意味住所や電話番号を知られてしまった感じ感覚になります。
こう書いてしまうとプライバシーの観点から言っても、トラブルになるんじゃないかと必要以上に怖がってしまいますが、急に電話がかかって生じるとか、メールが来るとか、家に訪ねていらっしゃるとかそういう事ではないので大丈夫です。
固定制で問題になるのはIPアドレスを狙った行動という事なのです。
ではIPを狙った行動とは何なのでしょうか。
何かと有るとは思いますが、主にDOSアタックではないかと思います。
通常はそんな事は有りませんが、パソコンのセキュリティを皆目してない上にポートを解き放ちっぱなしとしていると、パソコンに詳しい人だとパソコンを遠隔操作して仕舞う可能性が出来てしまいます。
そうするとプライバシーが流出しまくって仕舞う様になりますので注意が必要になって来る。
そういった問題が固定制IPでは来る可能性が有るのです。

ドメインWhois情報について


ドメインWhois情報についてお話したいと思います。
IPドメインサーチまたはIPサーチとも言われている機能で、ホームページに割り当てられているIPアドレスからホームページを運営している管理者の情報を検索出来るシステムの事を指しています。
言わばつぎ込み方も耐え難い様に感じますが、使い方ええたって簡単で、IPサーチが出来るサイトにアクセスし、ホームページにあるドメイン、またはメールアドレスにあるドメインを入力してあげて、「検索」ボタンを圧すのみ。
わずかこれだけで管理者を探し出す事が出来ます。
こんなホームページを運営している人の情報の事を「ドメインWhois情報」と呼んでいるそうです。
当然こんなドメインWhois情報は検索されても運営者、管理者の情報じゃない場合も有ります。
それはそのはずです。
プライバシーが世の中で問題視されています。
プライバシーを悪用した事件も多数有ります。
その観点から言うと何よりドメインWhois情報の中にプライバシーを含めるのは躊躇してしまいますよね。
予めドメインWhois情報が設定された背景には、インターネットが障害を起こした際に、ホームページを運営している人に早く広める為、ドメイン商標に関連したトラブルを防ぐ為に設定されました。
事実少ないですが今でも当初の目的通りIPサーチとしているケースも有ります。
今はプライバシーの観点から代理でドメイン会社の情報を公開しているケースが多い様です。
ですから本来のドメインWhois情報がドメインWhois情報では無くなっているケースが多いですので、IPサーチを通じても本当の情報が得られない場合が多いのです。

IPアドレスから得られる情報

コンピュータの各1台1台に割り当てられたIDの事をIPアドレス(Internet Protocol Address)と呼んでいます。
インターネットやイントラネットに基本的には接続されている形となります。
現在はIPv4と呼ばれる4つに区切られた数値で表記される事が数多く、一般的に普及している形となります。
「123.133.143.01」というように1つの区切りで0~255までの数字において表されています。
これが番号となりますが、数字だけじゃつい分かりにくいという事で、一層ドメイン名が付けられている事も有ります。
簡単に言うとWEBのパソコンの住所という事でしょうか。
そこからIPサーチ等を利用して分かるものと言えば、パソコンが契約しているプロバイダー、パソコンが有る国、地域という事です。
勿論IPサーチを通しても思い付か事は有りますし、尚更詳しい情報まで頷ける場合もある様です。
そうすると絶対にプライバシーレベルまで引っかかるという人が出て来る事と思います。
ただし、ここで
分かる細かい情報もプライバシーにあたる名前、住所、電話番号までは登録はしてあっても思い付か様になっていますのでその点は安心して良いでしょう。
しかし、犯罪操作等緊急性、重要性がある場合に限り警察からプロバイダーに問い合わせてプライバシーをわかりうる事は出来るそうです。
IPアドレスには重要な情報が詰まっています。
いわば情報がたくさん詰まっているWEBのお家で思って良いかもしれませんね。

IPアドレスはインターネット上の住所


今は一家に一台、自分に一台はパソコンが見て取れる時代になってきました。
パソコンでインターネットを繋いで楽しんでいる方も多いでしょう。
そんなパソコンにはパソコンを識別する、または特定する為の固有番号が付けられてあり、これをIPアドレスと呼んでいます。
IPアドレスは0~255までのそれぞれ4つの数字を、ピリオドで区切って表記されています。
「101.102.103.104」という感じですね。
これはWEBにおけるパソコンの住所の様なものになっていて、どこから発信されているデータなのか聞こえる様になっています。
ケースに因ると思いますが、IPアドレスを活かし、IPサーチをする事でプロバイダーの特定が出来る様になるかもしれません。
これだけ聞くと、やっとIPサーチとしてもプロバイダーしか特定出来ないんじゃ意味弱いんじゃない?という方もいると思いますが、万が一、ホームページやメールとして詐欺等のトラブルになってしまった場合、IPアドレスとして犯人を特定する事が出来るかもしれません。
たとえば、ヤフーやMSN等で提供しているフリーメールが有りますよね。
このメールアドレスとしてネットオークション等の取引を通している人がいます。
当然家にパソコンが無くてサイバーカフェや会社、友人の家から繋いでいる場合も考えられますが、どんな人か知らないとほんのり怪しんでしまいたくなりますよね。
何もトラブルが無いのが基本ところが、もしもトラブルが有った場合それでも、メールヘッダを取り調べる事でIPアドレスが分かり、プロバイダーや地域などある特定のIPアドレスは生み出すことが出来るのです。

IPサーチのメリットとは2

ドメインの情報からホームページ、ブログ等インターネットにあるサイトの所有者情報をわかる事が出来ます。
それをIPドメインサーチ(IPサーチ)と言うのですが、商標登録に関するトラブル防止に大きな役割を果たしています。
通常、IPドメインサーチ(IPサーチ)は公式WEBから行う事になりますが、別な方法もサーチする事が出来るそうです。
自分が所持しているWEBにIPドメインサーチ専用のタグを貼付けるだけの方法です。
こうする事で貼付けた検索窓から簡単にサーチする事が可能となります。
敢えて自分のWEBにタグを貼付けるメリットとしては、たくさんの方が自分のホームページに訪れて得る可能性が出て来るという事です。
意外にもIPドメインサーチはたくさんの方が利用している様です。
訪れたホームページはどんな人が作っているんだろうと小さな興味から確かめる人、商標登録トラブル防止の為に確かめる人、用途は何やかやあると思います。
IPサーチをしたい人はサーチが出来るホームページからたぶん調べていくのが順当ですよね。
そこで検索窓を用意しているホームページにアクセスを通して、ホームページを見分ける機会を届ける。
つまり集客に繋がるという訳です。
IPドメインサーチ(IPサーチ)は利用者の性別、年代、職業なんかが限定されていないのが特徴です。
ですから色んな方がホームページを見て得るメリットが持てる訳です。
個人で集客するには限界が有りますので、こんなタグを通じて集客するケースもある様です。

メールアドレスでトラブルに巻き込まれた場合


インターネット上では色んな事が出来ますよね。
情報検索、ネットショッピング、ネット競り市、二度とオンラインバンキング、競馬等、心から色んな事が出来て私達の生活も便利になりました。
ただしそこで問題視されるのが、それぞれに関するトラブルです。
お金を振り込んだのに商品が届かない、嫌がらせを受ける様になった等、色んなトラブルが見受けられます。
そこで取引を通していた相手のメールアドレスが分かると、IPサーチの様な検索機能によって相手の事が伝わるかもしれません。
メールのヘッダによってIPサーチをするとIPアドレスと使用した日時、プロバイダーが分かります。
やはりこれだけじゃ相手の名前、住所までは特定されませんのでどうにもなりません。
但し、仮に詐欺等、事件性があるのであればプロバイダーにIPアドレスを訊く事でそこからプライバシーを聞き出すことが出来ます。
とは言ってもプライバシーを広めるのは警察が問い合わせた場合限りですので、個人では教えてもらえない事を覚えておきましょう。
そんな使い方がIPサーチでは出来ます。
IPサーチでIPアドレス、ドメインが割り出され、会社名や団体名なら割り出されるかもしれません。
もしもどういう事か思い付か様でしたら、自分のメールアドレスによって調べてみても良いと思いますよ。
どの位の情報が相手に押さえるものなのか判断出来ます。
IPサーチは簡単に行えますので、IPサーチの検索窓が付いているホームページ等を調べてみると良いでしょう。

私の体験した中で最も良かったプロバイダ・キャンペーンランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 So-netは月額料金がほぼ底値で、キャッシュバック金額もトップクラス、サポート体制も超優秀な、まさに三拍子そろった唯一のプロバイダー安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合は他のプロバイダを圧倒しています。それもこれもソニーのプロバイダであるSo-netだからできることです。私が利用した中で一番安心して利用できたWiMAXでした。特にこだわりの条件などなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」珍しいプロバイダ。また、「キャッシュバックを必ず受け取れる」ことでも有名。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っているので、サービスも老舗の安心感があります。私が契約した時に一番良かったと思ったのが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いことでした。プランの変更やオプション申し込みなどがスムーズに行なえます。この点では他のプロバイダに比べて断トツに良かったです。クレジットカードで支払いたくない人やキャッシュバック受け取りに不安のある方にはオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全体で2位の28,500円、月々の料金も最安ランクでとてもお得なプロバイダです。安心サポートオプションは2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値ありなプロバイダです。ただクレードル無料キャンペーンなどが無いのが惜しいところです。DTIの大きな特徴は「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるところです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダです。

 - IPサーチ , , , ,