通信回線の種類は何がある?

      2016/12/01

egao-231通信回線ってどんなものがあるでしょうか?

まず思い浮かべるのは、光回線でしょう。散々テレビでも雑誌でも家電量販店でもありとあらゆる所で、「光」という文字を目にします。

実際にインターネットを引いている人の多くはすでに光回線なのではないでしょうか?

ではほかにはなにがあるでしょうか。

いくつか挙げてみます。

まずは、同じ有線の回線である、ADSL、電話回線(銅線)はご存知でしょう。

では、無線通信の「LTE」って何のことか分かりますか?

答えは、3大キャリアのドコモ、au、ソフトバンクがサービスを提供しているスマホの回線のことです。正式には4G LTEという名前で、ガラケー時代の3Gから格段に速くなった無線回線なのです。

それでは、WiMAXって知ってますか?おそらく多くの人は知らないでしょう。

WiMAXとはスマホの回線と同じように回線の種類は無線です。では何が違うのかというと、その通信の規格がちょっと違うのです。細かい企画の話はユーザーにはドウでもいいことなので置いておきましょう。

重要なのはWiMAXとLTEどちらが速いのかということです。似たような技術であるので速度はあまり変わりません。

しかしWiMAXの方が、パソコンを主に繋げるように開発されているので、スピードが若干ながら速いです。

理論値で行くと、WiMAX(最新はWiMAX2+というやつ)は下り220Mbpsだそうです。実測では大体20Mbpsほどです。

LTEは大体15Mbpsほどなので、ちょっと速いですね。

まあ体感は変わりませんがね。

エリアはというと、それはスマホを使うように開発されているLTEの方に部があります。流石にスマホは国民ほぼ全員を対象としているサービスなので、規模が大きいです。

WiMAXはというと人が行動する範囲ではほぼどこでも使えますが、山の際らへんはやはりLTEにはかないません。

LTEの方が範囲的にかゆいところに手が届く的な感じになっています。

とまあこんな感じで、通信回線には、光回線、ADSL、電話回線(銅線)、LTE、WiMAXなどが現在存在します。そのどれもが用途が異なり、速度もエリアも料金も異なります。

通信回線を選ぶ際には自分のライフスタイルと照らしあわせて、考えていきましょう。

私の体験した中で最も良かったプロバイダ・キャンペーンランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 So-netは月額料金がほぼ底値で、キャッシュバック金額もトップクラス、サポート体制も超優秀な、まさに三拍子そろった唯一のプロバイダー安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合は他のプロバイダを圧倒しています。それもこれもソニーのプロバイダであるSo-netだからできることです。私が利用した中で一番安心して利用できたWiMAXでした。特にこだわりの条件などなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」珍しいプロバイダ。また、「キャッシュバックを必ず受け取れる」ことでも有名。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っているので、サービスも老舗の安心感があります。私が契約した時に一番良かったと思ったのが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いことでした。プランの変更やオプション申し込みなどがスムーズに行なえます。この点では他のプロバイダに比べて断トツに良かったです。クレジットカードで支払いたくない人やキャッシュバック受け取りに不安のある方にはオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全体で2位の28,500円、月々の料金も最安ランクでとてもお得なプロバイダです。安心サポートオプションは2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値ありなプロバイダです。ただクレードル無料キャンペーンなどが無いのが惜しいところです。DTIの大きな特徴は「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるところです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダです。

 - WiMAX , ,