WiMAXと格安SIMで月々の通信費を5000円以上節約をしてみよう!

      2016/12/01

egao-128WiMAX、今ではWiMAX2+へと進化を遂げてより高速になりました。

現在はWiMAX2+への移行期なので、直近3日間で3GB以上の通信をしてしまうと、速度制限がかかってしまいます。しかし、それでも6Mbps程度の速度が出るので安心です。

6Mbpsがどれくらいの速度かというと、だいたいYouTubeのHD画質(720P)の動画なら余裕をもってスムーズに見られる程度です。

っていってもわたしもWiMAX2+を始めるまでは本当に6Mbps出るか不安だったので、速度が制限されている状態で色々と実験している人のサイトとか見てました。その中でも一番参考にしたサイト(ページ)が↓です。

WiMAX2+の速度制限下の速度をはかって実際に使ってみた感想ー測定日記【5日目】ー

この人の結果によるとWiMAX2+は通常時は下り10~30Mbps、速度制限されていても6Mbps前後の速度が出ているようです。この記事だけではなくて他にも測定をした記事がなん記事かあって、WiMAX2+を実際にどれくらいの速度が出るのかはかっていました。

この記事と私が実際に使ってみた感想からハッキリと言えます。

普通にインターネットする上で困ることは特にありません。6Mbpsでも。

唯一困ることといえば、格ゲーをはじめとするオンラインゲームですが、格ゲーやFPSのような60分の1秒毎に同期を取らなければならないような、高速なゲームは難しいところがありますが、もう少しゆるいゲームならそこまで気にする必要もありません。

Magic Onlineやハースストーンなどのオンラインカードゲームは細かな同期は必要ないので、WiMAX2+の通常速度でも速度制限下でも問題なく遊べます。

WiMAX(WiMAX2+も同様)の良いところは回線を引くこと無く、家でもどこでもインターネット環境が整うところです。

出張が多い人や、引っ越しの多い人、回線工事がめんどくさい人、外でも家と同じようなインターネット環境で楽しみたい人などにはうってつけです。

かくいうわたしもWiMAX2+を契約しているんですが、インターネットをしていて不自由を感じたことは一度もありません。

動画も見ますし、上記のようなカードゲームもしますし、スマホのゲームなんかも結構しますし、いろんなサイトもよく閲覧します。ネットをけっこうガッツリ使っている方だと思います。WiMAX2+の速度制限にもかかったことが何度かあります。

でも、光回線の時となにも変わらないんですよね。使い勝手は。むしろ持ち歩ける分カフェでインターネットとかできるんでWiMAX2+の方が便利です。

あと、わたしがWiMAX2+を契約している理由がもう一つあるんですけど、それは通信費を安くできるってところです(やっと本題)。

WiMAX2+は通常4500円程度かかります。消費税などを入れるとだいたい月々5000円ほど。割引期間はもっと安くなりますが、3年以上使っていると割引もなくなって5000円くらいになります。料金の点では光回線とそこまで変わりません。

でも、WiMAXの特徴として外で持ち歩けるっていうのがあるんで、WiMAX回線をスマホのインターネット回線としても使えるんです。

どういうことかというと、スマホは通常、電話をするための電話回線通信、インターネットやメール、LINE、アプリ内の通信などをするためのデータ通信の2つを利用しています。

大手キャリア(docomo、au、softbank)なんかだとデータ通信だけでもたった2GBで3000円とかですよね。正直高すぎますよね。

このデータ通信ってそもそもただの無線のインターネット通信なんで、WiMAXの通信と性質は全く同じなんですね。

なのでスマホのデータ通信をすべてWiMAXでやっちゃおうってことです。そうすれば、スマホのデータ通信のお金は0円です。

家や会社ではスマホの通信量を気にして、Wi-Fiを使いますよね。それと同じです。WiMAXだとそれが家や会社でなくてもどこでもできるっていう感じです。つねにWi-Fi環境下みたいな感じ。

当然スマホもパソコンもWiMAXで通信すれば通信量は増えてしまい、速度制限にかかることも多くなりますが、それは最初の方にも言ったように6Mbps出るのでなにも心配いりません。

スマホの通信を全てWiMAXでやると電話はどうするの?キャリアとは契約しないの?って思われるかもしれませんが、はい、キャリアとは契約しません。

格安SIMっていう無料通話はないんだけど、名前通り料金が格安でスマホが持てる契約形態があるんです。べつにいかがわしいものではありませんよ。CMでもよくやってます。OCN モバイル ONEとかDMM mobile、IIJmio、BIGLOBE SIM、楽天モバイルなんかが有名です。

こういう格安SIMって呼ばれる事業者はdocomoから回線の一部お金を出して借りていて、それで通信サービスを展開しています。

格安SIMと契約することによってスマホの維持代が月々1000~2000円に抑えられます。わたしはDMM mobileの一番安いプランを契約して、月々1100円くらいしかかかっていません。

以前はauを使っていたのですが解約してMNPで格安SIMに乗り換えました。その時スマホも新調しましたのでスマホ代はかかってしまいましたけどね(笑)。

こうして、WiMAX2+と格安SIMをあわせて月々の通信料金は6100円です。キャリアでスマホを契約するだけの料金と同じぐらいですね。

キャリアと契約して光回線も契約していたら、月々最低でも12000円くらいはかかってしまいますから、5000円節約なんて余裕なんですよね。

ただし欠点が一つだけあって、無料通話がないので長電話はできないというところです。格安SIMの通話料は従量制で30秒で20円です。高いです。

なので長く電話するときはLINEやSkypeを使います。そもそも長電話なんて知り合いとしかしませんから、LINEやSkypeでいいのです。この2つのサービスはインターネット回線で音声データをやり取りするもので、電話回線は利用しません。なのでWiMAX2+の通信で電話ができるってことです。

普段の連絡もLINEのチャットでできますし、ホントWiMAX2+があればもうスマホのメールとか電話機能っていらないんじゃない?と思うときもあります。正直。

でも、公的機関の電話番号登録やらなんやらでなんだかんだ普通の電話も必要なので、まあ当分は080の電話番号は持っておきますけどね。

というわけで、べらべらとわたしの通信費節約術について語ってきたわけですが、どうでしたか?

わたしの場合 「WiMAX2+ + 格安SIM」 で月々の通信費は6100円です。

それに加えて、どこでもインターネット環境が整っているわけですから、利便性は言うまでもなく最高です。

これを読んだ皆さんもぜひWiMAX2+と格安SIM検討してみてはいかがでしょう?きっと月々5000円以上節約できることうけあいです。

それではまた!

私の体験した中で最も良かったプロバイダ・キャンペーンランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 So-netは月額料金がほぼ底値で、キャッシュバック金額もトップクラス、サポート体制も超優秀な、まさに三拍子そろった唯一のプロバイダー安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合は他のプロバイダを圧倒しています。それもこれもソニーのプロバイダであるSo-netだからできることです。私が利用した中で一番安心して利用できたWiMAXでした。特にこだわりの条件などなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」珍しいプロバイダ。また、「キャッシュバックを必ず受け取れる」ことでも有名。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っているので、サービスも老舗の安心感があります。私が契約した時に一番良かったと思ったのが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いことでした。プランの変更やオプション申し込みなどがスムーズに行なえます。この点では他のプロバイダに比べて断トツに良かったです。クレジットカードで支払いたくない人やキャッシュバック受け取りに不安のある方にはオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全体で2位の28,500円、月々の料金も最安ランクでとてもお得なプロバイダです。安心サポートオプションは2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値ありなプロバイダです。ただクレードル無料キャンペーンなどが無いのが惜しいところです。DTIの大きな特徴は「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるところです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダです。

 - WiMAX, 格安SIM , , ,