UQ WiMAXとは

      2016/12/01

egao-240最近、よく耳にするようになりました、「UQ WiMAX」をご存じでしょうか。
モバイルとしてのパソコンをよく取り扱うかたであれば、ご存じなのではないかと思いますが、そうでもないというかたは、ご存じ薄いかもしれませんね。
ただの「WiMAX」ならば、ご存じですか。
UQ WiMAXを分かるためには、先にとりあえずWiMAXを知らなくてはならないでしょう。
こちらから、ご説明することにいたしましょう。
WiMAXというのは、Worldwide Interoperability for Microwave Accessを略したもので、これらの各単語の頭文字をとって、このように呼んでいます。
この英文が何を意味するかと言いますと、高速・大容量モバイルブロードバンド通信の方式のひとつであるということです。
そうして、WiMAXの前に付く「UQ」のほうは・・・と言いますと、「UQコミュニケーションズ」という会社名から取ったUQなのです。
このUQコミュニケーションズにつきましては、また次回でも機会を又もやお話させていただきます。
本日はただ、UQ WiMAXのUQにあたる部分が、この会社名から来ているということを、ご理解していただければ次いで結構です。
これだけでも、UQ WiMAXとは、UQコミュニケーションズという会社が開発した高速・大容量モバイルブロードバンド通信の方式であるということが分かると思います。
近ころそれでは、パソコンを持ち歩いて移動するかたもはなはだ多くなりました。
仕事関係だけでなく、旅行などのふとした遠出にも持ち歩くかたが多いです。
そういうかたがたにとって、どこでそれでも高速でインターネットに通じる事の出来るUQ WiMAXは、非常に素晴らしい存在となっています。

UQコミュニケーションズとは

UQ WiMAXの頭についています「UQ」は、UQコミュニケーションズのUQだというお話を前回いたしましたが、今回は、このUQコミュニケーションズという会社について、お話をいたしましょう。
この会社は、JR東日本やKDDI、京セラ、大和証券グループ、Intel Capital、三菱東京UFJ銀行などが出資して設立された株式会社です。
そうして、その事業内容は、モバイルWiMAX技術を使用した無線データ通信サービスの提供ということになっています。
UQコミュニケーションズには前身がありまして、KDDI株式会社が、無線データ通信の事業化を目的に、2007年、ワイヤレスブロードバンド企画株式会社という名前で設立されたものです。
UQコミュニケーションズという名称になったのは、そしたら間も無くのことで2008年3月のことです。
社名が多少長いですから、ますます簡単に「UQ」と叫ぶことも多いです。
現に、無線データ通信のサービスが始まったのは、2009年2月26日のことです。
そのサービスの名称が、「UQ WiMAX」だということですね。
最初は、試験サービスという形で開始しまして、2009年の7月1日から正式な無線データ通信のサービスとして提供しています。
代表取締役社長は野坂章雄さんというかたで、資本金は470億円、東京都品川区に本社を構えています。
UQ WiMAXの開発によって、これから先、ますます伸びてゆく会社なのではないかと推測されます。

UQ WiMAXのサービス

UQ WiMAXと、UQ WiMAXを開発した会社であるUQコミュニケーションズについて、だいたいのことがお行き渡り頂けたと思います。
まずは、初めてUQ WiMAXのサービスとは、いかなるものなのか・・・についてご説明いたしましょう。
急遽ちょっとばかり専門的なお話になりますが、UQ WiMAXは、IEEE802.16e方式のモバイルWiMAX技術を用いています。
そうして、使用している無線周波数は、2.5ギガヘルツ帯であり、最大で、下り40Mbps/上り10Mbpsのデータ通信速度を提供しています。
がんらい、モバイルのデータ通信速度というのは、あまり速いものではありませんでした。
どこの会社も高速のデータ通信機器を開発してくれなかったため、なんとも長い期間にわたって、鈍いデータ通信で我慢していたということになります。
試験サービスが開始されたのは、2009年2月26日のことだから、依然たいして昔のことではありません。
果たして、とうとう高速データ通信の時代がやってきた・・・という感じなのですね。
そういった試験サービスというのは、概して首都圏から試みるもので、UQ WiMAXの場合もそうでした。
東京23区、横浜市、川崎市で開始されたのを皮切りに、首都圏周辺、名古屋市内、そうして関西圏へとサービス地域が拡大していうわけです。
そうして、ひいては正式サービスとして開始されました。
現在ではサービス地域をザクザク拡大して、人口カバー率93%を目指しているそうですよ。

私の体験した中で最も良かったプロバイダ・キャンペーンランキング

1.So-net モバイル WiMAX

 So-netは月額料金がほぼ底値で、キャッシュバック金額もトップクラス、サポート体制も超優秀な、まさに三拍子そろった唯一のプロバイダー安心サポート2ヶ月無料特典があり、24時間年中無休の無料電話サポートもあります。「安心サポート」以外にも「くらしのお守り」や「セキュリティオプション」などサポートオプションの充実具合は他のプロバイダを圧倒しています。それもこれもソニーのプロバイダであるSo-netだからできることです。私が利用した中で一番安心して利用できたWiMAXでした。特にこだわりの条件などなければ「So-net モバイル WiMAX」を選んで間違いありません。

2.BIGLOBEWiMAX

 「口座振替で支払える」珍しいプロバイダ。また、「キャッシュバックを必ず受け取れる」ことでも有名。BIGLOBEは昔からプロバイダ事業を行っているので、サービスも老舗の安心感があります。私が契約した時に一番良かったと思ったのが、契約後の会員ページの使い勝手が非常に良いことでした。プランの変更やオプション申し込みなどがスムーズに行なえます。この点では他のプロバイダに比べて断トツに良かったです。クレジットカードで支払いたくない人やキャッシュバック受け取りに不安のある方にはオススメなプロバイダです。

3.DTI WiMAX

キャッシュバック金額は全体で2位の28,500円、月々の料金も最安ランクでとてもお得なプロバイダです。安心サポートオプションは2ヶ月無料キャンペーンを行っています。これらの条件だけでも選ぶ価値ありなプロバイダです。ただクレードル無料キャンペーンなどが無いのが惜しいところです。DTIの大きな特徴は「DTI Club Off」という宿泊・スポーツクラブ・インテリア購入・レストランの飲食などが特別優待価格になるサービスがもれなく付いてくるところです。アウトドア派にはぴったりなプロバイダです。

 - UQ WiMAX , , , ,